【着想シネマ】vol.12映画「ホームレス ニューヨークと寝た男」

月に一度、第3土曜日に配信中。インタビュアーとともに、セレクトした映画を題材に、そこから着想してお話をしていきます。

今回は、「ホームレス ニューヨークと寝た男」をピックアップ。

身長188センチ、デザイナーズスーツを着こなすロマンスグレーのナイスミドルなフォトグラファーで、ニューヨークで家を持たずに生活しているマーク・レイに密着したドキュメンタリー作品です。

なぜ彼が家のない生活を選んだのか?

垣間見えた彼の価値観から、人生と向き合うこととはどういうことか?などについて、お話ししました。

彼の暮らしがわかるリアルな内容であることやNYの生活費についての他、映画の主人公が家のない生活を選んだ考え方について、映画を通して垣間見えた彼の価値観などお話しました。

【無料でウェビナー開催中】
脳とこころのしくみを使って生き方と働き方を一致させる方法

■詳しくはこちら ↓↓↓
https://www.wx.life-shift.tokyo/webinar?utm_source=podcast

この記事を書いた人

M.Matsunaga