【着想シネマ】vol.14映画「83歳のやさしいスパイ」

月に一度、第3土曜日に配信中。インタビュアーとともに、セレクトした映画から自由に着想して、自分らしく生きるためにちょっと役立つヒントなどをお話しています。

今回は「83歳のやさしいスパイ」をピックアップ。

2020年に製作されたドキュメンタリー映画で、チリ・アメリカ・ドイツ・オランダ・スペインの合作として、第93回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた作品です。

映画の歴史でスパイを題材にした名作は数あれど、それらとはまったく違う、アクションとは無縁の、世界でいちばん“やさしい”スパイ映画が誕生。

本作で驚くべき活躍を見せる主人公は、83歳のごく普通の男性セルヒオさん。

とある老人ホームの入居者が虐待されているのではないかという疑惑があり、そのターゲットの様子を密かに克明に報告する、というのが彼に与えられたミッションです。

彼のスパイ活動を通して老人ホームでの出来事、そこで過ごす方の日常や彼らが感じる気持ちが描かれています。

◎番組でご紹介した内観力養成講座について、詳しくはこちら→https://www.wx.life-shift.tokyo

この記事を書いた人

M.Matsunaga