【着想シネマ】vol.14映画「83歳のやさしいスパイ」

月に一度、第3土曜日に配信中。インタビュアーとともに、セレクトした映画を題材に、そこから着想してお話をしていきます。

今回は「83歳のやさしいスパイ」をピックアップ。

2020年に製作されたドキュメンタリー映画で、チリ・アメリカ・ドイツ・オランダ・スペインの合作として、第93回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた作品です。

映画の歴史でスパイを題材にした名作は数あれど、それらとはまったく違う、アクションとは無縁の、世界でいちばん“やさしい”スパイ映画が誕生。

本作で驚くべき活躍を見せる主人公は、83歳のごく普通の男性セルヒオさん。

とある老人ホームの入居者が虐待されているのではないかという疑惑があり、そのターゲットの様子を密かに克明に報告する、というのが彼に与えられたミッションです。

彼のスパイ活動を通して老人ホームでの出来事、そこで過ごす方の日常や彼らが感じる気持ちが描かれています。

【無料でウェビナー開催中】
脳とこころのしくみを使って生き方と働き方を一致させる方法

■詳しくはこちら ↓↓↓
https://www.wx.life-shift.tokyo/webinar?utm_source=podcast

この記事を書いた人

M.Matsunaga