【着想シネマ】vol.15映画「スキャンダル」

月に一度、第3土曜日に配信中。

インタビュアーとともに、セレクトした映画から自由に着想して、自分らしく生きるためにちょっと役立つヒントなどをお話しています。

今回は「スキャンダル」をピックアップ。

2016年にアメリカのテレビ局FOXニュースで起こったセクシュアルハラスメントの裏側を描いた作品。

公式サイトによりますと、

【2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った! 

クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められるCEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。

騒然とする局内。

看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。

一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。】

と書かれています。

売れっ子キャスターのメーガン・ケリー役をシャーリーズ・セロンが、告発するベテランキャスターのグレッチェン・カールソン役をニコール・キッドマンが、若手キャスターのケイラ役をマーゴット・ロビーがつとめています。

事件からわずか3年ほどで映像化された作品で、本国アメリカでは2019年に、日本では2020年に公開されました。

◎番組でご紹介した内観力養成講座について、詳しくはこちら→https://www.wx.life-shift.tokyo

この記事を書いた人

M.Matsunaga