【着想シネマ】vol.17映画「ズートピア」

月に一度、第3土曜日に配信中。インタビュアーとともに、セレクトした映画を題材に、そこから着想してお話をしていきます。

今回は「ズートピア」をピックアップ。

2016年に公開されたディズニー映画で、世界での興行収入は10億ドルを突破した大ヒット作品です。

映画.comのサイトによりますと、

動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニーアニメーション。

監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア。

どんな動物も快適な暮らしができる環境が整えられた世界。

各々の動物たちには決められた役割があり、農場でニンジン作りに従事するのがウサギの務めだったが、ウサギの女の子ジュディは、サイやゾウ、カバといった大きくて強い動物だけがなれる警察官に憧れていた。

警察学校をトップの成績で卒業し、史上初のウサギの警察官として希望に胸を膨らませて大都会ズートピアにやってきたジュディだったが、スイギュウの署長ボゴは、そんなジュディの能力を認めてくれない。

なんとかして認められようと奮闘するジュディは、キツネの詐欺師ニックと出会い、ひょんなことからニックとともにカワウソの行方不明事件を追うことになるのだが……。

第89回アカデミー長編アニメーション賞受賞。

と書かれています。

【無料でウェビナー開催中】
脳とこころのしくみを使って生き方と働き方を一致させる方法

■詳しくはこちら ↓↓↓
https://www.wx.life-shift.tokyo/webinar?utm_source=podcast

この記事を書いた人

M.Matsunaga